Q&A形式で株式初心者の気になる点・わからない点に答える

【投資初心者向け】今月の日経225関連商材10選 > 初心者向けQ&A集

株式初心者のよくある質問を紹介

ただ単に預金をしているだけではなかなか試算も増えないので、株式投資をして運用しようと考えている人もいるでしょう。
しかし初心者にはわからないことも多い株式投資、そこで初心者の疑問に答えてみました。

どのくらいの資金が必要ですか?

Q&Aの回答・株式投資初心者は少額から無理のない資産運用をしたいところです。
その場合には単元未満株による運用がおすすめです。
通常最低売買単位が決まっているのですが、その単位未満でも取引できる株式があります。
極端な話、1株から株式投資ができます。
そのほかには株式累投投資「るいとう」も初心者にはお勧めです。毎月一定額決めて、その金額で買えるだけの株式を購入する積立預金のような運用方法もあります。

証券会社の口座開設・無料でできますか?

Q&Aの回答・証券会社によって対応は異なりますので、証券会社のホームページなどで情報を確認しましょう。
しかしネット証券と呼ばれるところに口座開設する場合、無料で手続きできるところが多いです。
初心者にとって余計なコストを負担する必要はないですのでお勧めです。
ただし複数の証券会社に資料請求して、使いやすいところを見つけましょう。

信用取引と現物取引の違いは何ですか?

Q&Aの回答・株式初心者にとって混同しやすい点ですが、現物取引とは現金決済の取引のことです。
つまり証券会社の口座に入っているお金の範囲内で株式運用する形になります。
一方信用取引は、証券会社からお金や株式を借りて運用する方法です。
よって、口座残高の3倍くらいの金額で売買取引ができます。

株主になるとどのような権利が得られますか?

Q&Aの回答・株式初心者の疑問で多いですが、株主になると3つの権利を取得できます。
株主になった会社が利益を出したときに配当金がもらえる・株主優待が受けられるといった利益配当請求権を取得できます。
また株式総会の光景をニュースで見たことがあるでしょうが、株主になればこの株主総会に出席でき、経営方針などに投票できます。
もし株主になった会社が倒産した場合、その会社の財産の分配金を請求できる残余財産請求権を行使できます。

株売買で利益が出た場合の税金は?

Q&Aの回答・株式の売買で利益を出せば、キャピタルゲイン課税といって、20%前後の税金を支払う義務は発生します。
証券会社によって自動的に税金分が差し引かれる場合もあれば、年に1回実施される確定申告で自ら納税額を申告しなければならない場合の2種類があります。
証券会社が処理してくれるのであれば、自分でいちいち確定申告する必要がないので面倒ではないでしょう。

当サイトのおすすめNo.1
おすすめ商材はこれだ!